Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

先週末、仲良しの専攻科時代の友達の結婚式でした~♡♡

すご~く幸せそうな姿を見れて、幸せ~な時間でした。





大阪駅の真上だったので、窓からはHEP5の観覧車が下に見えます。


夜もきれかった~!





そしてこちらの写真は花嫁不在のチャペルで友人たちと





あ、私の横にいる男の子は、去年の発表会でSaxを吹いてくれた石田君ですよ~(*^▽^*)

石田君、パリのテロの直後にパリに行っていてとても心配していたのですが、なんともなかったそうで一安心。

それどころか、「パリに行く飛行機はガラガラやし、観光客もいないからどこも空いていてめっちゃいいよ~!!今パリは狙い目やで!!!」とかなりオススメされましたが、、、、


怖くて行けない、、、



石田君はパリに6、7年いたのでフランス語ペラペラだからトラブルに対応できるけど、私じゃ無理ですからね・・・・。
うん、やっぱり当分は大人しくジャパンにとどまります。


披露宴の後は、専攻科時代の友達とお茶をしました♪

専攻科に入ってもう10年なんて信じられないね~というハナシから入試の思い出話に。


専攻科の入試は、5人ずつ5、6グループに分けられていたそうです。
一人20分弱ぐらいの曲を演奏するのですが、私のグループは上手な子ばかりだったそうです。
私と同じグループだった友達は、「このグループレベル高そう」と思ったそうです。
そんな中、そのグループで変わったキャラを発揮していたのはこの私。
控室で「私、合格発表のすぐ後からヨーロッパやねん!」とか言いながら試験会場に行き、戻ってきたら「暗譜とんだわ!やば!!」と言っていたそうです。


・・・・語尾に【~そうです】と書いているのは、私にはまったく記憶にないから!!!

なんでだろう~、、、入試で演奏した曲や演奏した会場は覚えているけど、入試当日のグループや控室なんて全く記憶にありません。

覚えているのは、大学の教授陣全員がずらーーーっと並んで審査員として座っていたのと、弾いているうちに椅子が後ろにさがってきて「弾きにくいわぁ」と思ったこと。


確かに、合格発表のすぐ後にヨーロッパに行ったのも、入試でまさかの暗譜がとんでしまうと言うミスを犯したのもまさしく私ですが、そんなこと言っていたのかしら・・・・。


そして合格発表の時、合格者は8人。
他のグループは、5人中1人しか合格できなかったり、合格者ナシだったりした中で、私のグループは5人中5人合格だったそう!


(本当に記憶にない・・・・)


掲示板の前で皆が結果を見ていると、そこに車から降りて歩いてくる変人(私)が登場。


なぜか私は犬を抱いて合格発表を見に来たそうで、周りにいた子たちは「○○さん(←それまで親しくなかったので名字)なんで犬連れてきてるんやろ・・・・」と思ったと口をそろえて言われました。


そして犬を抱きながら「あ~!受かってるわ、これでヨーロッパ行けるわ~」と言いながら一瞬で帰っていき、そばにいた子たちは唖然としながら私を見送っていたそうです。




・・・・私、へんな子!!!!


合格発表に犬を連れてくるふざけた10年前の私を、叱ってやりたい・・・・!!



合格発表に犬を抱いて見に来るような私を合格させてくれてありがとう、大阪音楽大学。


室内楽と、歌曲伴奏と、ソロのレッスンとアンサンブルのレッスン。1週間に4つの実技のレッスンがあり、譜読みと練習で本当に忙しかったけど本当に楽しかった専攻科時代は良い思い出です。


大学に通った4年間以上の濃さが、たった1年の専攻科にありました!!


結婚式では新婦さんの中学時代の友達のスピーチで、

「どれだけみんなで集まって遊んでいてもピアノの練習の時間になったら絶対に帰る○○ちゃんはいつもスゴイなと思ってみていました」と言っていました。

やっぱりみんながんばってきたんだね~、、、、としみじみ。。。

それだけピアノを拘って頑張ってきた友達は披露宴でも素敵な演奏を聴かせてくれました♥

素敵なピアノに、おいしいお料理、久々の友達、忘れていて思い出話、そして本当に幸せそうな新婦と爽やかなご主人を見れて幸せのおすそ分けしてもらいました♡



スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.