Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

今日は発表会レポートはお休み♪

今年の旅行のことについて!

ウィーン4回目ということもあり、ウィーンの観光スポットは全部一度は行っている私。
夫は初ウィーンですが、まぁそんなことは置いておいて、王道観光コースではないところへ行ってきました!


シューベルトの生家です!!


みなさん、シューベルトご存知ですか?

オーストリアのまさにウィーンで生まれたシューベルトはピアノ曲、交響曲などたくさんの名曲がありますが、何と言っても彼は

歌曲の王として知られています。

今年の発表会で「魔王」を歌ってくれましたね。

送信者 第7回ピアノ発表会第2、3部



どうでしかた?

以前ブログでも魔王について書きましたが、これを御覧でない方もおられるので、歌の前には朗読も流し、より分かりやすく聴いてもらうために工夫しました・・・!!

すっごい声だった!!!と言ってくれた方もたくさんいました!!

あのぉ~・・・・・・

わたしのピアノもかなり、かなり、

かなぁぁぁぁぁぁぁぁぁりかなり、いやとてつもなく


がんばったんですけど、

いかがでした?!?!



いまのところ、Tちゃんのお母さんと、中学2年生のAちゃんだけ褒めてくれました。

イエイエ、そんな自分の伴奏を褒めろだなんて催促していないですよ、

私そんなこと一言も言ってないですよ!!


ただ、Tちゃんのお母さんと、中学2年生のAちゃんだけ褒めてくれました。(2回目)笑


えぇ、魔王の感想と、魔王の伴奏の感想は、

このブログをご覧になった後からでも

ずっと受け付けておりますので(●^o^●)




そんなんわざとらしくって言いにくい・・・・・とお思いの方!!


決してそんなことはありません!


「この間ついつい言い忘れていたけど、魔王の伴奏○○○だったよ!」と言ってくれれば全然わざとらしいだなんて思いませんからね❤



あらら、お得意の脱線になってしまいましたが、ハナシを戻しまして、はい、シューベルトです!!



この魔王の作曲もシューベルト。
彼は歌曲の王としてわずか31年の短い生涯の間に200曲以上の歌曲をつくりあげています。

その中でも魔王は有名!!
ほかに有名なのは、【のばら】【ます】【菩提樹】などなど・・・・・

すばらしい歌曲がたくさんあります。

そのシューベルトさんの生まれたお家へ行ってきました!


ウィーンの中心から電車で15分ぐらいのところなんです。
意外と近い!
まぁウィーンの街並み自体そんなに大きくないのですが。。。。


最寄り駅について道に迷っているとワンちゃんをお散歩しているおばあちゃんに出合いました。


私たち 「英語話せますか?」 (ウィーンはドイツ語を話す国なのです)

おばあちゃん 「もちろんよ!」

私たち 「よかった!えっと、私シューベルトのお家に行きたいんですけど、この道で合ってますか?住所はこれなんですけど・・・・」

おばあちゃん 「 OH!YES!!! ○×●▽※◎×△▼○×●▽※◎×△▼・・・・・」

私たち 「・・・・・・・・・・・・・・・」



おばあちゃん、英語話せるって言ったくせに流暢なドイツ語で教えてくれました。笑

ここでも私の2年間の大学でのドイツ語を学んだ時間はまったく生かされず、でもどうやら、まっすぐ歩いてバスに乗りなさいと言っているような感じ。


わたしたち 「(よくわからないけど)わかったよ!! ありがとう、おばあちゃん! ダンケシェーン!!(ドイツ語のありがとう)」


そう言っておばあちゃんから離れ、言われた通り歩いていると、ホントだバス停!!
のると一駅でおばあちゃんが言っていた駅!


ちかっ!!

この一駅なら普通に歩いたし!!!

乗った駅見えてるし・・・・!!!!



いろいろ突っ込みどころ満載のおばあちゃんでしたが、降りるとシューベルトのおうちが・・・・・!!!


送信者 2015年8月6日


送信者 2015年8月6日





ここが、シューベルトさんの生まれたお家です!!!

送信者 2015年8月6日


シューベルトの名前が書いてあります。



1797年に生まれたお家が2015年に残っているのがさすがヨーロッパ!!

では中へ入りましょう。

送信者 2015年8月6日




今回はシューベルトのお家だけでしたが、これまでモーツァルトのお家やベートーヴェンのお家などにも行きましたが、作曲家のお家に行くとすごく不思議な気分になります。


シューベルト、モーツァルト、ベートーヴェン。。。。

よく知っている名前だけど、こうして家に行くと「本当に実在したんだ・・・・」と思えます。
日本にいると、なかなかリアリティがないのですが、ここにシューベルトが立っていたのかな。
ここを歩いたのかな、と思うと・・・・なんとも不思議な気分です。

送信者 2015年8月6日


これがシューベルトのお部屋。あの窓からシューベルトは外を覗いたのでしょうか。どんな景色があったのでしょう。


お部屋には彼のピアノもあります。


送信者 2015年8月6日



送信者 2015年8月6日


このピアノでどんな風に弾いたのでしょうか・・・・



シューベルトと言えば眼鏡!

眼鏡もおいていました!!


送信者 2015年8月6日



シューベルトはすっごく目が悪くて、眠るときも眼鏡を外さず寝ていたそうです。
というのも、起きたときに音楽が頭に浮かんでいたらぱっと譜面にかけるようにするため。





直筆の楽譜もあります!!



送信者 2015年8月6日



また、このような絵も!

送信者 2015年8月6日




シューベルトは内向的でおとなしい性格でしたが、友人にとても恵まれていました。

その友人が才能のあるシューベルトをなんとか世に売り出そうと、【シューベルティアーデ】というグループを結成した程なんです。

これはそれを表す絵でしょうか!!!



シューベルト愛用のギターもありました。

送信者 2015年8月6日



ギターを奏でながら彼自身も彼の曲を歌ったのでしょうか。

ボタンを押すとシューベルトの名作が流れる機械があり、見ると魔王もあったので押してみました。

「シューベルトさん、あなたの国から遠く離れた日本で私、週末これ弾いたんですよ!」


と、言っておきました。
まさか作曲者相手に、どうやった??!?! とはさすがの私も聞けません。


シューベルトの肖像画。
送信者 2015年8月6日




これはおなじみのシューベルトのお顔ですが、

こっちもありました。


送信者 2015年8月6日



肖像画はスラリとした印象を持っていたのですが、ちょっとがっちり?ムッチリ???

もしかしたらそうだったのかもしれませんね!


中庭もあります。


送信者 2015年8月6日



時にはここで遊んだこともあったかもしれません。


そんな風にシューベルトに思いをはせながらシューベルトの空気を少し感じてきました!


幸せな、そして無性にシューベルトの音楽に触れたくなった時間でした!!
(魔王以外。 曲は好きだけど弾くのはほんっとに大変なんです)



シューベルトの曲を弾いたことのある人も、ない人も、シューベルトを身近に感じてもらえたかな~???


次は発表会レポートを更新します!





スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.