Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

さて、私がヨーロッパで遊んでいる間に、5年生のMちゃんがピアノフェスティバルの一次予選に通過されたことはここでも書きましたが、他に3名がコンクールに挑戦していました。

私が遊んでいる間にごめんね(>_<)
この間報告したMちゃん以外の3名はベーテンピアノコンクールに挑戦されていました。

3名とも人生初のコンクール!


まずは2年生のAくん。
このコンクールの課題曲コースに挑戦されました。
Aくんは、良い感性を持っているのでコンクールの要項が出た頃から勧めていたのですが、Aくん自身が受けるかどうか迷っていたようでしたが、申し込み締め切り日ぎりぎりに出る!と決断し、他の子たちよりも短い期間での挑戦となりました。
初めてのコンクールなのに聞けなかったのがとても残念でしたが、緊張してしまったのかな?!?!お母さんからミスタッチをしてしまったというご連絡。。。

短い課題曲だったので、あの曲でミスタッチすると通過は難しいかな・・・と心配していたのですが、なんとか銅賞で通過とLINEがきてホッと一安心。
Aくん、次は毎回のレッスンでもしっかりと演奏に集中し、落着いて合格できるようにがんばりましょう。
とりあえずは合格、おめでとう!


そして自由曲コースに挑戦したのが4年生の双子ちゃん。SちゃんとSちゃんです。
二人は真面目にレッスンに通われているので本当に順調に上達してくれていてとっても期待しているんです。
発表会では色違いのドレスで大きなリボンをつけての連弾、本当にかわいかった!!
去年から、「来年はコンクールに出てみたい!」とやる気満々で、コンクールに出るんだ!!という気持ちを1年間持ち続け頑張ってくれていました。
当初は課題曲コースで挑戦する予定でしたが、二人の上達ぶり、熱心な姿勢から自由曲コースで東京目指してみようか!!ということになり、初めてのコンクールながら、課題曲コースより難易度の上がる自由曲コースで挑戦。

二人ともが自分の曲に真摯に真正面から向き合ってよく頑張っている姿を見て、私も本当に本当に受かってほしい、受からせてあげたい!という気持ちでした。

最後のレッスンでは一人のSちゃんは緊張からかな??今まで安定して弾けていたのに、暗譜を忘れてしまい止まってしまうというアクシデントがあり、Sちゃん自身も、お母さんも私も「どうしよう・・・」と不安な空気になっていましたが、最後のレッスンからコンクールまでの間にきちんと持ち直し、二人ともいつものように平常心で演奏できたそうです。

結果、二人とも仲良く合格!!

予選通過してくれました!!

もう1回合格したら二人が目指している東京である全国大会に出場できます!
二人は大喜びで東京行く!!!とさらにやる気満々になってくれているそうです。




なんと、審査員の先生方の平均点も仲良く同点!!


これからもがんばりましょう♪♪

今回は指導者である私がコンクール会場に行けず本当に心苦しかった中、4名全員が合格という嬉しい結果を残してくれました!!
よくがんばったね!!
そして、まだベーテンピアノコンクールを控えている生徒さんが3名いらっしゃいます!

課題曲コースで受けるAくん。
自由曲コースで受けるMちゃん、Mちゃん!

ばんばりましょう!!
スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.