Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

2013.06.23 (日)

大好きなものとの別れは辛いけれど、

辛い別れを乗り越えて、再会した時の喜びは言葉では表せません。




以前の記事でご紹介しました、私の大好きなもの、ぶどう。


いえ、ぶどうと一言でまとめるなんて、そんな恐れ多いこと、私にはできません。

ぶどうにもさまざまな種類と味がある中で、私が1番おいしいと確信している種類。。。


それは、、、

クリムゾン、、、、クリムゾン、、、、、

クリムゾンシードレス!!!!!!!



のどが渇いては食べ、小腹が空いては食べ、食後のデザートで食べ、と、食べまくると1日一房なんてあっという間。
食べても食べても飽きないおいしさ。
そんな大好きなシードレスちゃんが唐突に私の前から姿を消したのは忘れもしない。

今年の2月18日のこと。

その日はわたしの誕生日で月曜日。
月曜といえば関西スーパーが10パーセント割引の日。

仕事帰りにいっぱい買いだめするぞ!!と意気揚々といつものシードレスちゃんの指定席へ行くと、、、、


どこにもないっ!!!!!!!!!!!!!!!


なぜ?!?!


店員さんをつかまえて聞くと、「もう夏まで入ってこないですねー。」の一言。


店員さん!!!!
あなたはなぜそんな冷酷なことを言うの?!?!?!
かばんいっぱいにシードレスを詰め込むつもりが、溢れんばかりの深い悲しみをかばんに詰め込み帰ったあの日の事は忘れることなんてできません!!!!  大げさじゃないよ!!!


あの日から4ヶ月が過ぎました。


4ヶ月の間にもさまざまなぶどうに出会い、改めてぶどうの奥深さを知りました。
よく似た形の違う名前のぶどうを買ったこともありました。
京橋の果物屋さんで「クリムゾンシードレスないですか?」と、聞いたこともありました。
りんごを食べたこともありました。
メロンを食べたこともありました。
バナナを、パイナップルを食べたこともありました。

しかしいつも頭にあるのはクリムゾンシードレス。
求めているのはクリムゾンシードレスのさっぱりとした中に甘みのあるあの味わい。


最近ではアメリカンチェリーを冷蔵庫に常備するようになり、テレビを見ながらアメリカンチェリーを食べては、「種、めんどくさいな。シードレスなら種ないのにな。」と言うのが口癖になっていました。


そんな今日。

6月23日(日)


父がイオンでみつけてきました!!!!!!!!!!!



シ・・・シ・・・・・シ・・・・
シードレスちゃんっ!!!!!(T_T)




まだ甘みは若干足りないものの、これです、これです。

この形!
この色!!
この低価格!(200円)
この歯ごたえ!!!!!
そして、この味!!!!!!


多くの作曲家は自身の身近にある様々な感動体験を曲にしています。

春の喜びを曲にしたり、
水の戯れを表現したり、
愛する人に捧げたり、
月の光を音にしたり。。。。。


私もしようじゃないか!!!
クリムゾンシードレスに再び会えた嬉しさを音にぶつけよう!!!!!

(つまりは練習しよう)


さ、発表会まで3週間!!!!!!

プログラム作りもほぼできたし、今夜はとことん練習だー!!!!!
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.