Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

2017.07.25 (火)

今日はケアンズから船に2時間揺られ(強風のためにゆられすぎて)ニコマスケイという素晴らしく美しいビーチのある無人島に行ってきました!






魚が透けてる・・・・!!
感動して写真撮りました。
あまりの感動で胸が熱くなり、熱いものが込み上げてきました・・・・



(単なる船酔い)



前に屋久島に行った時もすーーごい揺れで、着いた瞬間吐きましたが、まさかオーストラリアでも同じことになるとは・・・・。




危機一髪、紙袋に吐けました。

人に迷惑かからなくてよかった。





あぁ、、苦しかった。







しかし、着いた先は本当に美しいビーチ!










今まで行った中で1番綺麗なビーチはこれまでフィリピンのセブ島と思っていましたが、ここで首位交代!




本当に本当に惚れ惚れする美しさです。


ここでシュノーケリングをして、またまた見たこともないような魚やサンゴ礁に感激しました







めちゃめちゃ鳥がいました。。。

南半球で1番いる島だそうです。




・・・・・と、、私がこんな夏満喫なことをしている中、今日はAちゃんの2回目のピティナの予選がありました。




前回の予選でAちゃんは練習通り完璧な演奏ができたにも関わらず、予選通過することができず、Aちゃん、お母さん、もちろん私も本当に悔しい思いをしました。





今回は曲目を変えて挑戦。





ピティナは2会場で予選を受けられますが、1度不合格になってしまっていてもう後はありません。



前回の予選から更に更に練習を積み重ねてきました。




当日は私は行けないので、オーストラリアに出発する日も、ベーテンの予選から帰ってからAちゃんの最後のレッスンをし、頑張ってね!!とお別れをしました。



先ほどの海から帰ってきてホテルで疲れたーーーとボケーっとお風呂に入り、ちょうど出た時にケータイの音が



そろそろAちゃんから結果かな、、、とドキドキしていたので見ると・・・・











予選通過しました。








というご連絡!!!!





もう、嬉しくて嬉しくてお風呂上がりに号泣!!




すぐにAちゃんに電話をしました!!






今回、39人受けられて合格されたのは14人という厳しい中、14人の一人にAちゃんのお名前があって本当によかった!!





以前も書きましたが、Aちゃんがピアノを始められたのは去年の8月。




もうすぐ1年という短いキャリアでこの難しいピティナに予選通過できるなんて、Aちゃんの努力の証です。


素晴らしいことだと思います。




Aちゃん頑張ってるし、コンクール受けてみーひん?と、勧めてうけることになったコンクール。


いざ足を踏み入れたら、それまでの、間違わずに弾けたから合格~!花丸~!!というレッスンとは全然違ってやってもやっても違う!もっとこうしよう!!とダメ出しばっかりで全然褒められずに、
「面白くないだろうなー。可哀想になぁー。。」

と心では思っていましたが、Aちゃんに合格してもらうために中途半端な状態の時に褒めるわけにもいきませんでした。



やるからには合格目指して頑張って挑んだ前回の予選は実力を発揮できたにも関わらず通過ならず。




「でも、実力を出し切れたんだから後悔ないよね!よく頑張ったよね!」




って、、、そんなこと言えない。




やっぱり受けるからには受かりたい、受からせてあげたい!!


悔しくて悔しくて、前回の予選の日はなかなか眠れませんでした。


そこから今回の予選まで、本当に頑張ってくれました!



フクロウの曲を弾くAちゃんとは、前回の予選後初めてのレッスンではフクロウの映像を一緒に見て、「フクロウのこういう動きを表現しようよ!」などと言いながらまた練り直して練習しました。



一度、お母さんからAちゃんが予選落ちした直後、もう2回目の予選は受けたくないと言っていたと聞いて、小さなAちゃんの心をピティナで深く傷つけてしまったと本当に申し訳なく思って、そもそもピティナに挑戦したことも失敗だったのかも・・・


コンクールにさえ受けなければこんなにしんどい思いも、辛い思いも悔しい思いもしなくてよかったのに、私は単にAちゃんを傷つけているだけなんじゃないか・・・と。


もし、今回もダメだったら何と言えばいいか・・・・


と思っていました。



ですが、前回の悔しさをバネに合格!!!



ほんっっっっとうに嬉しいし、Aちゃんのことを誇りに思います。



Aちゃん、前回は合格発表で自分の名前がないのに、しばらくじーーっと見つめていたね。
わたしがそばにいるから泣くのを我慢していたそうです。

でも、今回、自分の名前があってどんな気持ちだった??


これまでの大変な練習をぜーーーんぶ吹き飛ばす位嬉しかったと思います



コンクールさえ受けなければ前のような悔しい気持ちを味わわずに済んだけど、
今回の嬉しい気持ちもコンクールを受けないと味わえなかった気持ちです!


本当に本当によく頑張りました!!


心から、オーストラリアから、大声で言わせてください!!!







おめでとう!






ここまで頑張ってこれたのはAちゃんの努力はもちろんですが、Aちゃんと同じように必死で頑張ってくれたお母さん、それを支え、応援してくれたお父さんやお兄ちゃんがいたからです。


今日の電話で「ママにちゃんとお礼言うねんで。」と言ったら無言だってAちゃんですが、言えたかな??(笑)


ちょっと恥ずかしいかな??




本選までまたまた気が休まらないのが可哀想ですが、せっかくなので思いっきり楽しんで弾けるように頑張りましょう!



盾に賞状、もらえてよかったね!!



Aちゃん、本当におめでとうございました。












スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.