Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

3週連続の生徒さんのコンクール。

その最後は昨日、神戸女学院大学で行われたべーテン音楽コンクール自由曲コースの地区本選でした!


挑戦されたのは中学2年生のAちゃん。

年齢が上がると難易度がぐんぐん上がります。

それはこの間のアルカスピアノコンクールの予選でも上の学年のレベルの高さに皆さん驚かれていました。


中学生になってコンクールに挑戦されるみなさんは本当にお上手で、演奏会に来ているような感覚になるほどの高い完成度の曲を演奏される方もいました!!

Aちゃんは夏に地区予選を突破し、昨日の地区本選が通過すると東京である全国大会に進めるため、それを目標に頑張っていました!

サンサーンスのアレグロアパッショナート。

Aちゃんのキラリと光るセンスを発揮できる曲で、Aちゃんにとってはじめてのサンサーンスでしたが、とても気に入って頑張っていました!!!

神戸女学院の音楽館、、、、とても趣のあるすてきなホールです。


Aちゃん、弾き始めは少し緊張し固かったのですが、だんだん調子がでてきて、しっかり表現するところはたっぷり表現しAちゃんらしい音楽を披露することができました。


しかし、残念ながら地区本選通過はできず、東京での全国大会出場の夢は断たれました。


小さいころから色々なコンクールでたくさん成績を残しているだけに今回の結果はすごくショックだったと思います。

Aちゃんの目からは悔し涙が。

一生懸命だからこそ悔しさも悲しさも大きかったでしょう。


私もどうにか通過してほしかったのですが、させてあげられずショックでした(;_;)

審査員の先生からの講評はAちゃんの音楽性を評価してくださっている部分ももちろんあったのですが、いつも課題としているところを2人の審査員に書かれていて、Aちゃんはその課題を克服させる必要性を痛感したかと思います。


中学生はいつも何かに追われていてとても忙しそうですが、またコツコツがんばろうね!!!


一緒に関目まで帰ってAちゃんとAちゃんのママと、主人も一緒に4人で打ち上げをしました。

Aちゃん、落ち込んでいて元気はなかったけれど最後のほうはいつものAちゃんに戻りつつあったかな・・・??

関目のマクドナルドの向かい側のイタリアン。
私たち夫婦は行ったことなかったのですがおいしかった~☆

私たち二人、よく食べるのに御馳走になってしまいました。
Aちゃんのママは御存じの方もたくさんおられるかと思いますが、とっても明るいので残念だった悔しい嫌な雰囲気を吹き飛ばしてくれました。

ちなみに特技はドラえもんの声真似です。
もしかしたら他にもあるかもあるかもしれませんが、ドラえもんの声真似は似ているからラジオにまで出たそうです!笑

気になる方は今度Aちゃんのママの前に行って「ドラえもんのマネして~!」と言ってみてくださいね(●^o^●)

たぶん、すぐしてくれますよー(●^o^●)

Aちゃんのお母さん、御馳走様でした。ありがとうござした。



Aちゃん、今回は残念でしたがAちゃんには本当に光る音楽性を持っています。
Aちゃんの弾くサンサーンス、大好きでした。

ピアノを長く続けていくと、楽しいことなんてほんの一部で、辛いこと、悔しいこと、辛いことの方が多いです。

頑張っても今回のように認められないこともこれから先もあるでしょう。

でも、やっぱり舞台に立った瞬間、拍手をもらった瞬間、キラキラした音が鳴った瞬間はそれまでの苦しみを全部チャラにしてくれるすごいパワーを持っています。

もうその喜びをAちゃんは知ってるよね?!

これからも一緒にがんばろうね!



おつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.