Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

本日も今更シリーズ第2段!!

もうね、チェコ、ほんっと景色がキレイすぎて、オススメすぎて。。。
ヨーロッパ旅行検討中の方は絶対チェコに行ってほしい!!!!


さて今日はチェコの首都プラハから1日ツアーで違うところに行った日のお話。

その日だけ、事前に日本から1日バスツアーに申し込んでいました。

日本語ガイドだと高いのに、英語ガイドだと半額以下で行けちゃう!!
オンライオン英会話で毎日英語を話している私としては、ここは英語ガイドでしょう!!


行先は、チェスキークルムロフ!!

x-map-czech-2.png



プラハから南へ数十キロ、オーストリア、ドイツの国境近くです。

「ハイ!!アイコ!!君たちの集合場所はココだからね!時間に遅れちゃだめだよ!」というカジュアルなメールと地図が届き、それを頼りにドキドキしながら行くと、本日のメンバーは11人。

・日本人のハネムーナー
・北海道からの家族旅行3人
・バルセロナからのカップル
・アルゼンチンからの兄弟
・わたしたち2人


あれだけ、英語ツアーに張り切っていたのに、11人中7人が日本人ということを知り安心したのは言うまでもありません。
アジア人は、中国人韓国人がほとんどで日本人はそこまで見かけなかったのになんということでしょう!!
アウェイだと思っていたのがホームになりました!!!


ガイドさんはチェコ人の女性。
日本人がいっぱいいると知ると「コンニチハ~。ワタシノナマエハ○○デス。アリガトウ!」とご挨拶をしてくれました。
残りの4名がスペイン人とアルゼンチン人と知ると、流ちょうなスペイン語で長々と話されていました。



・・・・・・あれ、なんだろう。
人数的にはジャパンが勝っているのになんだかバスの中はスパニッシュじゃないか。。。
ガイドさんはどうやら、英語よりもスペイン語のほうがお得意なようで、バスの中でも英語で説明2分に対し、スペイン語での説明は5分はあったのではないでしょうか。

たちまちアウェイの雰囲気に。



バスで走ること数時間。
ようやく到着しました!!!

しかし、あれ?ガイドさん、チェスキークルムロフって言っていない。


DSC02421.jpg


広場についたけど、ここ、私たちがガイドブックで見ていたチェスキークルムロフではない!!!

あれ??ここ、どこですか???
と聞いてもチェコ語の発音、難しい。。。

「チェスケーなんちゃら」と言っていたのでとりあえず「チェスケーなんちゃら」としておきました。

チェスケーなんちゃらの広場、このパステル調なのがかわいい!!!


DSC02428.jpg



日本でこのパステルカラーの家が並んでいても絶対安っぽく見えるのに、かわいく映るのは造りが違うのとやっぱりこの空気!!!
その後ガイドさんおすすめのお菓子屋さんに連れてってもらい、私は味の想像が食べる前からつくこちらを購入。


DSC02432.jpg


想像以上に甘いというのは想定していましたが、その甘いムースが冷たくて、想定外でした!

DSC02436.jpg



かぶりついてる・・・・。



値段は×5で日本円になるので、これは15×5=約75円。 安いですよね!



チェスケーなんちゃら・・・あ、後ほどガイドブックで確認したらチェスケーブディヨビッツェでした。
そう言えばそんな発音していたな、、、、ガイドさん。


その後はいよいよチェスキークルムロフ!!!


DSC02449.jpg




DSC02490.jpg




わぁ~!!!!

プラハとも、チェスケーなんちゃらともまたちがう素敵な景色が!!!!

2枚目の写真の目の前を流れる川は、もちろんブルタバ川!
これもプラハで見たブルタバ川とは違う表情!!!


すてき・・・・もうチェコ、素敵すぎるっっ!!!!

同じ地球上にこんな景色が今もあるだなんて・・・・!!!!


この屋根の色の統一感・・・・たまりません!

またまた看板も。

DSC02465.jpg


DSC02466.jpg


この路地の感じも。

DSC02455.jpg


どこを切り取っても絵葉書そのものです!!!!


そして、私がヨーロッパで好きなのは、青空×お花×壁のコラボレーション!!!

これはチェコだけではないですが、この組み合わせ大好きでいつもカメラの中には同じような写真がいっぱいあります。


DSC02553.jpg

DSC02547.jpg

DSC02616.jpg

DSC02504.jpg


うぅぅぅ~たまらないっ!!!!
好きだ~~!!!!!!

お花はないけど、この青空と黄色のお家も好き!

DSC02482_20150824135510055.jpg


こんなところに住んで、窓辺にグランドピアノを置いて、そばにいい感じの椅子を置いてそこに座りながらクラシック聴きたい!!!

steinway-spirio.jpg
※写真はイメージ図です。ここにいる美しい女性は私です。が、あくまでもイメージ図です。



あるいは、お庭にピアノを置いて弾いていると小鳥たちが集まってきて一緒にたわむれたい!!!

thuong20hieu20dan20piano20acoustic20tot20nhat20the20gioi.jpg
※写真はイメージ図です。ここにいる美しい女性は私です。が、あくまでもイメージ図です。


はぁ・・・・❤うっとり♡♡♡


チェスキークルムロフの街並みにきゅんきゅんしっぱなしでした!!!

お昼は、ガイドさんに連れられレストランへ!!

DSC02485.jpg


なんだったかな。。。。チェコの名物料理です!
豚肉を煮込んでどこの国ででも作れそうなソースがかかっていました!
想像通りの味!!笑

ですが、先入観の強い私はこの想像通りの味というのはポイント高いんです!!!

この時、せっかくなのでオンライン英会話の力を発揮すべくスペイン人カップルの横を陣取った私は色々と話してみました!!
このカップル、ワイルドだろ~のすぎちゃんなみに二人ともデニムオンデニムでなんだかいかつそうでしたが、話すととっても優しかったです。
そしてこの人たち、全然英語話せませんでした。
「あ、私勝ってる!!!」と思ったのは言うまでもありません!

夫は大学の時スペイン語を第二外国語でとっていたそうですが、それを生かすことなく楽しい会話は終了しました。

去年スペインに行ったときに、オレンジジュースがすっごくおいしかったんです。
それで、オレンジジュースをスペイン語で言うと、【スーモナハラ】と教えられ、スペインにいる間気に入って【スーモナハラスーモナハラ】と言っていたんです。
ほら、スーモナハラってなんか呪文みたいでいい感じでしょう?  (ん?ちがう??)


なので、「去年スペインに行ったよ、パエリアも生ハムもめっちゃおいしかったけど、スーモナハラが1番おいしくて日本とは全然違う味にびっくりしたよ!!」と言ったのですが、残念ながら彼らに「スーモナハラ」は通じませんでした。涙

なぜ!!なぜ!!!

「オ・・・オレンジジュース」と言うと1発で通じました・・・・。


彼らからは、「日本語と中国語は違うの?あなたたちは中国語話せるの?」という質問をいただきました!!


話せないから!
日本と中国違うから!!!!!


全然違うことを一生懸命伝えましたが、この質問は以前イタリアでもされたことがあります。。。

どうやらヨーロッパの人たちは日本語=中国語と思っている人が多いのかもしれません。。。。



チェスキークルムロフでは自由時間もあり、お城にも行き満喫しましたが、やっぱり街歩きが1番楽しかった~!!!




今更シリーズ  不定期にて、あと1回だけピアノの先生ぽい記事で続く。





スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.