Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

2015.07.15 (水)

ちょっと前まで今年の夏の暑さは少しマシ・・・・と思っていたのですが、



あっついなぁ~(◎_◎;)



朝、駅から学校まで歩いただけで汗だくになりました。



昨日の夜、すっごく嫌なことがあり、朝からもずーーっとイライライライラ。。。

あぁ、、この暑さが余計にイライラする。。
朝から友達にラインして愚痴っても、仲良しの先生に愚痴ってもイライラ。

ボーナスの明細を見てもイライラが治まることなかったのですが、おじいちゃん先生に

「おーーやっと会えた会えた!
愛ちゃんにあったらこれあげようと思って置いてたんや」






と言ってこれをもらったら、癒されました。笑


この先生は私が結婚して以来、私のことを「えーーーっと、、えーーーっと、、、」と言います。
どうやら私の新しい苗字が覚えられないご様子。笑

以前、「こうやって愛ちゃんって呼ぶのはセクハラなんか・・・?」と言っていた時に、
「大丈夫ですよ!私がセクハラと感じなければセクハラじゃないんですよ!」と言ってからは私の苗字を覚えようとする努力さえもされなくなり、「あいちゃん」になりました。笑



かわいい形の加湿器!


なぜ加湿器=わたしだったのかは謎ですが、ありがたくいただきました💕


今日で1学期の学校の仕事が終了しました!!

1学期、長かったけどあっという間だった~!!!


今年は当教室に小学1年生から来られているHちゃんが私の勤務する学校に入学され、まさかのその学年を教えることになり、お互い変な気分でした。
ねぇ、Hちゃん!!


長くHちゃんのことを知っているのに、学校でのHちゃんはまた全然違い新たな面をたくさんみせてもらいました!

学校の仕事も一段落したし、発表会までの残り少しの期間はしっかり発表会に向き合って準備をしたいと思います。



先日は会場の下見をもう一度。






なんといっても今回は大ホールなので会場のセッティングをどうすべきかスタッフの方にも相談のってもらいました!!
そのお陰でどうすれば良いかがだいぶ見えてきました!!



すべては当日みなさんが少しでも気持ちよく、少しでも良い思い出に残るような1日になるようにがんばりたいと思います♪



先週はHちゃんが驚きの急成長!!!!

「Hちゃん!!!!!すごい!!!がんばったやん!!!」と言うと嬉しそうに照れながら笑っている姿がかわいかった~❤

Hちゃんは、いつもの1.5倍練習したそうです。


先ほどご紹介した私の勤務校に通われているHちゃんも
「1時間ピアノの練習して、勉強した後また30分ぐらい弾いた!」
と言っていました(^^♪


2人のHちゃん、お友達もたくさん来てくれるそうです(^^♪


残り少し!がんばろうね!!!





コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2015.07.10 (金)

前回の記事で石田君から14ページの楽譜をもらった私。




ピアノ譜だけにしたら7ページ。

合わせは楽譜をもらった2週間後。


はい~!!譜読みしなければなりません。



私は以前ここにも書いたことがあるかもしれませんが、幼い頃、本当に譜読みが苦手でした。
楽譜を読むのが遅くて遅くて、母親は心から

「この子、アホちゃうか。」

と思っていたそうです。


ピアノをはじめた時から1時間レッスンだったので、1回にみてもらう曲はバイエルの時なら10曲前後。
少し難しくなってブルグミュラーの時は6曲前後、ソナチネになったら4曲前後。


1週間に本当にたくさんの曲をやらないといけなくて、大変でした!!

当教室で譜読みが早いと言えば、年の順にMちゃん、Aちゃん、Sちゃん、Aくん、Tちゃん!この5人は本当に早い!
5人とも難しい曲になっているのにとにかく早いんです。

私もこの5人のように早ければ譜読みもそんなに苦じゃなかったでしょうが、なんせ母親が自分の子供を心底


「アホちゃうか」


と思うぐらいのレベル。

毎週毎週大変でしたが、ある日(といっても高校2年生のとき)急に読めるようになったんです。

1個づつ音を読んでいたのが急にその時図形として見えるようになったんです。


そこからは

「アホちゃうか」

から一転、

【そこそこ譜読み得意な人】

に変わりました!

最初から5人のようにサクサク読めちゃう人はいいけど、今苦手な人も諦めず続けていたらいつかすっと楽譜を読めるようになると思います。


今日はそんな私の譜読み方法を公開!!

(あくまでも私流ですが、参考になりそうなところは参考にしてください)

まずは譜読みの仕方が2つあるのですが、今自分のしないといけない譜読みはどちらにあてはまるかを考えます。


1.早急に弾かなければいけない
2.比較的時間に余裕がある





だいたいは2にあてはまるかと思います。
1は大学時代よくありました。
突然頼まれて、「これ、明日弾いて!」とか、「今から弾いてほしい!!」とか。
たいがいこれは伴奏ですね。
大学何年生の時だったかな?声楽の試験の日に伴奏者が来ない子がいて、「今から試験やねん!お願い!!!弾いて!!!」と言われ楽譜渡された時がありました。
そういう時は完全に1です。
この1にあてはまる時は、とにかくザツでいいので、音楽の流れを止めないこと。
和音なんて、どーでもいい!ソプラノとバスが合っていればいいんです!
注意してみなければいけないことは、

・何調か
・何拍子か
・音楽の流れを止めないか



この3点だけ!!


・・・と、これはかなり強行突破する方法。


今回は合わせまでに1週間以上あったのでもちろんの方法でしていきます。


まず、全体の流れを知りたいから両手で全部弾きます。

全体を弾くと、初見ですんなり弾けるところと、止まったり間違えたりするところがあります。
ここで最初のポイント。

楽譜にどんどん書き込んでいく


1回間違えたところは楽譜にガシガシ書いていきます。




たとえばここ。
ラのフラットをなぜかナチュラルで弾いてしまった。

ここで、「今たまたま間違えただけだから次注意しよ~」と思い楽譜にチェック入れずに弾くと次も間違える確率が非常に高い。

こんななんてことない所に書き込むのはちょっと抵抗あります。
なんでこんなこと書かないとわかなんの?って自分自身にイラっときます。
できるならこの程度のことは書き込みたくない。


でも、書かないでまた間違えたら悔しい!!しかも時間の無駄!


なので、無用なプライドは捨てて、自分が間違えたところは次間違えないように書き込みます。


無用なプライドは捨てる。


これもポイントの一つかもしれません。

そんなわけで、お見せするのも若干恥ずかしいですが、ぱっとわからなかったところのリズムのチェック。







「あ!ここは右手で弾く方が良いな!」と思ったらすかさずチェック。





指番号を書いた方がスムーズ!と思ったら即書き込み。





このようにしていきます(^^♪


はい、つぎのポイント。
1日でカンペキをめざさない。最初はゆっくりから!


のように時間がなけれすぐにテンポで弾かないといけませんが、時間があるときは絶対にゆっくり弾きます。1日目にカンペキに弾こうとも思いません。


1週間もの猶予があるなら初日にカンペキに弾く必要ありませんよね??
それよりは、ゆっくり、着実に弾いていきます。

ペダルもつけません。
両手で止まれば片手で練習します。
もちろん、ペダル付きで弾いた方が気持ちいいですが、初めからペダル付けて雰囲気だけで弾いてても時間の無駄!!

気持ちよくは弾きたいけど、時間の無駄はしたくない。だから我慢です。


このように、間違えたところはその都度書き込み&ゆっくりていねいに弾くという練習!

今回は45分ぐらいでゆっくりなら止まらず弾けるようになりました(●^o^●)

止まらず弾けるようになったら初日の練習は終わり!
特に部分練習もしません。
流れを把握したら初日は終わりということにしています。


1日でカンペキを目指さないので、また続きは翌日します。


翌日の練習の時に、前日わからなかった書き込みができるようになっているか確認しながら弾きます。
弾けていたらそれでいいですが、もしまた止まったりつまづいたりしたら今度は部分練習!!

今回の伴奏はテクニックがそんなに難しいわけではないので、30回ぐらい弾けばできるようになります♪

でもテンポはそのまま。


そして、3日目ぐらいから徐々にテンポをあげ、ペダルをつけていきます。

もちろん、ピアノ譜だけではなく総譜も見ながら他の楽器の動きを頭に入れていくことも忘れてはいけません。

5日目ぐらいからは仕上げ!そして、あとは本番まで弾きこみです(^^♪


譜読みがスーパー得意な人はこんな風にしなくても初日からテンポでペダルもつけてできるかもしれませんが、【そこそこ譜読み得意な人】レベルの私はこのようにします!!

☆焦らない
☆正確に
☆ゆっくりと
☆楽譜は苦手を書きこむメモ





参考にしてみてください(*^_^*)

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2015.07.07 (火)

毎年発表会の最後はゲストの方に来てもらい、演奏してもらっています!

これは、普段ピアノの音以外聴く機会がなかなかないとおもうので、他の楽器の音色や他の楽器の音楽に慣れ親しんでほしいと思い第1回目の発表会から来てもらっています。


前回はちょっと趣向を変えてイリュージョニストのGAKUさんに来ていただきましたが、今年はまた音楽!!




前回はGAKUさんのこと、ゲストパフォーマンスの内容は当日まで秘密にしていましたが、今回は発表会前にゲストの方のこと、演奏曲目について何度かに分けてご紹介しようと思っています。

今回は少し予備知識があったほうが楽しめるかな🎶と思っていますので♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪




というわけで、今月は頻繁に更新する予定です。あくまでも予定です( ゚艸゚;)



今年のゲスト一組目はサックスカルテット!

大学の同級生「石田くん」にお願いしました!
なぜ、突然実名なのかというと、実は一度このブログに登場したことがあるのです。


それは今から3年前の2012年。

友達とフランス&オーストリア旅行に行った時のこと。

当時1ユーロ100円ちょっとだったので何でもめちゃめちゃ安かったんです!
今じゃ信じられない。。。。

買おうと決めいていたヴィトンのかばんを買いにヴィトンに入ったらあまりに安かったので更にもう一つ衝動買いした程です。


ほら、3万円の服がバーゲンで2900円になっていたら、
「2900円ならこっちの服も買っておこうか!うん、両方買っとこ!また着るやろ!安いし!」
ってなるじゃないですか。

あの感じです。


そんなわけでなんでもかんでも安かった当時、色々なものをたくさん購入しました。
パリ最後の夜、「スーツケースに入らなかった時のために」と、当時パリに留学中だった石田くんがスポーツバックをくれました。


パリだけですでにヴィトンのかばん2つをはじめ、生徒のみなさんに配る大量のエッフェル塔やらと色々あったので既に危うかったのですが、オーストリアではやはりパンパンになり入りきらなかった私は石田くんバックに助けられることになります。



  (そのときの記事




ちなみにその時のバック。。。。まだ返していません!笑


というのも石田くんに幾度となく返すと言ったのですが「あげるよ!!」の一点張り!


なので、私もいつか旅行者に「スーツケースに入らなかった時のために持っときな!」と颯爽と石田くんバックを差し出したいと思います。



おそらくあのバックなら中国人が買う炊飯器2個は入ることでしょう。



そんなわけで、長くパリに留学していた石田くん。

もうパリジャンになっちゃうのかと思っていましたが、帰国し今は日本で活動しているので今年のゲストにお願いしました。


石田くんが組んでいるカルテットのメンバーできてくれます!!


サックス4人!!迫力ありそうです~♡楽しみにしていてくださいね!!!!


曲目のひとつは、ディズニーメドレー!!!





なんとこれ、石田くんが発表会のために作ってくれました~!!!!!!!



できたてホヤホヤの楽譜です!!!!

サックス4人+ピアノの5人分の総譜は14ページ!!!

長いので、ピアノ部分だけを切り貼りしてみました♪







それでも7ページ!!!




見えるかな?

切り貼りしてます(´-﹏-`;)
しんどかった、、、、






ディズニーソングがメドレーででてきます!!!

流行りのあの曲も入っているのでお楽しみに!!!!


楽譜を見ながら音をイメージするだけでもウキウキしてきます☆彡


一生懸命石田くんが編曲してくれたこの楽譜で一生懸命演奏させていただきますので、楽しみにしておいてください♪


このブログを今たまたま御覧頂いている生徒さん以外の方。
いらっしゃいましたら、ぜひぜひ足をお運びください!!!
1部はピアノソロでは舞台デビューのかわいいピアニストから、べートーヴェン、モーツァルト、ショパンの名曲。
2部の連弾では妖怪ウォッチに嵐にディズニーにブラームスにエルガー。
3部はご紹介したカルテット以外にも楽しいプログラムを考えています!!
ぜひぜひぜひぜひお越しください♪



2015年7月26日(日)
旭区民センター 大ホール
12時 開場  12時半 開演







コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2015.07.05 (日)

金曜日、MちゃんとMちゃんの連弾のレッスンをしました!!!






中学1年生のMちゃんと6年生のMちゃんです。

6年生のMちゃんは前回の発表会で舞台デビュー!!
中1のMちゃんは今回が初めての発表会です。

二人は従姉妹同士(●^o^●)

発表会の選曲をしているときに「連弾は二人で出たい!!」と言われました。
最初言ってこられたときは、正直難しいかなぁ・・・と思ったんです。

というのも、二人ともピアノのキャリアが短い。
6年生のMちゃんもまだピアノをはじめて2年も経っていません。
中1のMちゃんはわずか1年ちょっと。

二人ともよくがんばってくれてはいますが、そうは言ってもピアノ歴が短い二人がお互いの音を聴きあって合わせられるか・・・・と心配でしたが、、、、




二人ともすっごくよくがんばってくれています!!!!


お互いのお家に行って合わせの練習もされたそうで、最初聴かせてもらったときからちゃんと合っていたのでびっくりしました!!!!!





ホールニューワールドを演奏されます♪


6年生のMちゃんは昨年私と連弾しましたが、中1のMちゃんは初めての連弾!!


初めてなのに初めてとは思えないほどピッタリ合っていたので本当に感心しました!!


でもそれは、二人がスゴイからではなく、二人が一生懸命努力をして練習をしたからだと思います(*^_^*)

私がレッスン中、「すごいね!すごいね!」と言っていたら二人がアッサリ「だってめっちゃ練習したもんなぁ!」と言っていました。

そうよね、最初からぱっとできるわけないもんね!!



6年生のMちゃんは、ソロでもピアノ歴2年未満とは思えないような難しい曲を演奏されます。
大人っぽく、フラットがたくさんついていて本当に難しかったと思いますが、弱音一つ吐かずによくがんばってくれました♪



中1のMちゃんは陸上部に入って頑張っているそうで、レッスンに来られる度に真っ黒に日焼けしています(^^♪

新しい環境の中でそこに慣れるのも大変だと思いますが、楽しそうにピアノを弾いてくれる姿を見て毎回うれしく思っています!!

Mちゃんはもう暗譜もできました!!



初の発表会も2回目の発表会緊張すると思いますが、がんばろうね(^^♪


キャーキャー言いながら楽しそうに弾いてくれる二人を見れて私もとっても楽しかったです!!!


みなさん、当日MちゃんMちゃんイトコペアの演奏を聴くのを楽しみにしていてくださいね!!!







私も土曜日はレッスンをしてもらいに師匠のご自宅まで伺ってきました!

「ああ!!!こう解釈するとこんな風に違って聞こえるんだ!」と嬉しい発見がたくさん!

言われたことを聞き漏らさないように私はレッスンのときいつも録音させてもらっています。

それを聞きながら帰って頭の中で復習。


よく頑張ったので(自画自賛)帰りに私の中のナンバーワンクッキーをご褒美に買って帰りました♡




やっぱりこのシンプルさが美味しい♡♡♡



そして自宅に帰り今度はピアノを前にして復習🎶

今日得たことを自分のものにできるようにがんばらないとヽ(*^ω^*)ノ


みんなも頑張っているので私も頑張ります!!





コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2015.07.03 (金)

先日、中学2年生のHちゃんがみんなで歌う合唱の曲を録音してくれたことを書きました♪

(Hちゃんの記事)

今週から合唱に出られる皆さんにはCDをお配りしています(#^.^#)

学校のようにていねいに一緒に歌っていく・・・・というようなことは時間の関係でできないのが申し訳ありませんが、Hちゃんの歌ってくれたCDを聴きながらしっかり練習しておいてくださいね!!

レッスンの時に楽譜を持ってくるのもお忘れなく~♪

レッスンの最後に歌いましょう(^^♪

さて、今日はその歌の伴奏をしてくれるお姉さんをご紹介!!



真剣に弾いているところを激写・・・!!!!

Hちゃんと同じく、中学2年生のAちゃんです♡
「今年、伴奏弾いてくれへん~??」というと快く引き受けてくれました!!

みんなが歌うこのTOMORROWの伴奏、と~っても弾きにくいんです(+o+)
シャープが多くってなぜこんな弾きにくい楽譜?!?!という感じなのですが、苦戦しながらもがんばってくれています♪

Aちゃんはソロも連弾も大曲!!!!

ベートーヴェンのソナタにブラームスのハンガリー舞曲!!!
Aちゃんは小学校低学年の時に万里の長城杯で優秀賞、ピアノフェスティバル本選出場をはじめ、5年生の時にベーテンピアノコンクールの連弾の部で全国2位をを受賞されています!! 今回弾くベートーヴェンはAちゃん自身すっごく気にいって弾いてくれているのでAちゃんの曲に対しての「好き」はすごく伝わる演奏◎
連弾もカッコイイしノリノリで弾いてくれています!!!


ベートーヴェンにブラームス・・・・ドイツ音楽の3大Bと言われている偉大な作曲家。 (ちなみにもう一人はJ.S.バッハ) どちらも大曲な上にみんなの為に伴奏と大変だけど、よろしくね(*^_^*) Aちゃん、この日は職業体験の最終日だったのでとってもお疲れでした( ;∀;) Aちゃんは保育園に体験に行かせてもらったそうです。
保育園の先生って大変!!!と聞かせてもらいました((+_+))

疲労感いっぱいという感じだったけど、貴重な経験をさせてもらえてよかったね!!!

発表会までもう少し!がんばろうね!!!

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.