Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

今回行った旅行で1番心に残った街があります。
それは、グラナダ。

spain_map.jpg

スペインの地図。
緑色でマークしたところが今回行ったところです。
地図にあるように、グラナダはスペインのほんと南にあります。
当初行こうかどうしようか迷っていたのですが、行ってよかった!大好きな街になりました。

グラナダ旅行記を書きたいとおもいます!

マドリードから電車で4時間半。

グラナダに着きました。


DSC00478.jpg


街に降り立った時、その日差しの強さに驚きましたが、
(最近エアコンのCMで「スペインのじりじりした暑さ」というのがありますが、まさにそれ!)

「わたし、この街好き!!」  と直感で思いました。


グラナダは独特の文化が残る街。


ヨーロッパぽい街並みで、立派な大聖堂があるかと思うと、アラブの街並みになったり・・・

キリスト教とイスラム教がうまく調和した街でした。


ホテルにチェックインした後まずは大聖堂へ。

DSC00237.jpg


あ、このおかしなポーズはこの日の夜に予定立てていたフラメンコが楽しみでフラメンコっぽいポーズをしたつもりが全然違うおかしな日本人です。

DSC00238.jpg


大聖堂の中。
長い年月をかけて建てられたこの大聖堂は、ゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式とその時の流行の建築様式が混ざった建物です。
トレドの大聖堂もとても立派でしたがグラナダもとてもすてきでした。

特に円形の天井の青色部分がうつくしかったー

DSC00239.jpg

パイプオルガン。
普通パイプオルガンのパイプはまっすぐに下りていますが、スペインのパイプオルガンのパイプは垂直になっているのが特徴だそうです。

fc2blog_20140726225851102.jpg


この、フィンランドの大聖堂とは全然違います。
フィンランドはフィンランドで、空の青と建物の白がフィンランドカラーで爽やかで素敵でしたが、私はグラナダのほうが好きだったなー。。。


この大聖堂の裏にはアラブな街並み!!

DSC00456.jpg


アラジンの魔法のじゅうたんのようなじゅうたんや雑貨などがたくさん売られていました!!


DSC00475.jpg


道に座ってタバコを吸っているエキゾチックなお姉さん、めちゃくちゃ絵になります。

その後私も同じような写真を撮りたくて挑戦しましたが、エキゾチックジャパーーーンな顔をしていない私は全く絵になりませんでした。はい、残念。



さて、日が暮れてきました。

グラナダというとなんといってもメインはアルハンブラ宮殿。
夜のライトアップされたアルハンブラ宮殿を見に行きました。



DSC00260.jpg



まさしくアラビアンナイト!!

アルハンブラ宮殿全体が見渡せます。
これを明日見に行くと思うと楽しみで楽しみで・・・・今すぐに行きたい気持ちを抑え、この日はフラメンコ鑑賞!!


DSC00266.jpg


フラメンコといえばカスタネット!
私はここでカスタネットに感化され、そこそこの値段のするカスタネットを買う予定でしたが、まさかの素手で叩いている・・・!!!

えぇぇ!!!そうなの?
カスタネット買おうと思ってたのに・・・・!!!残念。。。

ただ、素手とは思えない迫力のある音で目の前で踊っているはじめてみるフラメンコに驚きばかりでした!!!
また激しい足のリズムの中にもしっかりと3拍子が刻まれていて、1拍目の強調部分が見事でした。
日本人はピアノの演奏で3拍子が下手だと言われていますが、ヨーロッパの人はこんな風に体で3拍子を感じることが上手だから演奏でも日本人と違って上手なんだろうと納得!



そして翌日。
いよいよアルハンブラ宮殿です!

とは言っても、アルハンブラ宮殿?!?!なんじゃそりゃ????のわたし。

うーん、その昔世界史の授業で聞いたことあったけど、とにかく世界史が大嫌いでした。
テスト範囲だけひたすら覚え、テストが終わったと同時に頭の中から消していく無意味な勉強をしていたのでさっぱりわからない。
せっかく行くのに「なんじゃそりゃ??」じゃ勿体無いので、よーし!これは職場の社会の先生に教えてもらおう!!と一瞬思ったのですが、



「変な奴な上に、全く世界史を理解してないバカなや奴」



と思われたらいけないので、ここは一人で勉強することに。


スペインはもともとキリスト教徒が住んでいましたが、8世紀に来たアフリカからイスラム勢力が入ってきて、イスラム教徒に支配されていた歴史があります。
アルハンブラ宮殿はこの時代(8世紀)にイスラム教徒によって建てられました。
その後、またまたキリスト教徒が勢力を盛り返してまたイベリア半島を支配しようとします。

その時最後に残ったのがグラナダの街、アルハンブラ宮殿でした。
キリスト教徒はグラナダを攻撃しはじめるのですが、強固な砦はキリスト教徒の大群に10年持ちこたえ、ついにアルハンブラ宮殿を攻略できませんでした。

結局、宮殿には飢えが広がり、イスラム王は多くの人の命とアルハンブラ宮殿を守ることを選び降伏し、グラナダを去るのです。



ということで、アルハンブラ宮殿というのは、当時のイスラム王国の王が住んでいる住居や官庁、軍事施設などが集まったとーーっても広い敷地!
日本でいうと皇居みたいなかんじ?!?!

ちょっとだけ予習すると楽しみ度合いがグーンと上がりました!!!


そしていよいよアルハンブラ入場!!!

DSC00356 - コピー


とても細かいイスラム装飾。

DSC00364.jpg


イスラム教は、偶像崇拝が禁止されているので書や植物を宮殿に装飾したそうです。



ピースしかできない日本人代表の私は、モデル顔負けのプロポーションの西洋人がすてきに写真撮っているのを真似したくて同じところで同じように撮ってみたけど全然絵にならなかった写真。

DSC00327.jpg


はい、残念。


DSC00365.jpg


ガイドブックにもたくさん載っていたライオンの中庭。
イスラム教徒は外から中は見えにくくしていて、その代わり中庭を十分にとり、広々と作っていたそうです。
工事している部分もありましたが、ここは王様の居住空間だったそうです。
この庭を見ながら何を感じて何を思っていたんだろう・・・。

DSC00368.jpg


そんな中庭に自分もいたんだよって残すために写真撮りましたが、どこかから迷い込んだ変な人みたいになって全然絵にならない。。。王様、ごめんね、、、おじゃましました。。。


この窓から外を覗いたこともあったのかな・・・。

DSC00374.jpg


などなど、色々なことをおもいながら広大なアルハンブラ宮殿に気づけば4時間ほどいました!!

素晴らしかったのは宮殿だけではなく、、宮殿から見えるこの景色も!!


DSC00388.jpg


DSC00391.jpg


世界遺産になっている所ですが、
ここは今も普通に人々が生活している街並みです。


壁が白いのは、暑いスペイン。光を反射させ少しでも暑さを和らげるために町全体が白いそうです。

DSC00303.jpg


こうやって座って街を眺めている西洋人が本当に絵になっててカッコよくて・・・ええ、もちろん私もしましたよ。
もちろん全然絵になりませんでしたけどね・・・・。


それでも、この街を景色を心に刻みたくて、何十年経って「昔あそこに行ったんだよ!」って証を残したくて、写真と自分の撮影を試みましたが、、、

やはり私が入ると絵にならない。。。笑


DSC00438.jpg

しかも何だよ、この顔・・・・。

「あちー。。」って顔ですね。
この時気温38度。
でも湿気が無い分日本程不快ではない。
たとえ40度を越えていても日本のムシムシした暑さより過ごしやすいとスペインに住んでいる日本人の方が言っていました。
日本のこの暑さ、ほんと異常ですよね・・・・・・。


DSC00441.jpg


宮殿の西の端にある城塞の頂上に登り景色を胸に刻み込んでアルハンブラ宮殿を後にしました。

アルハンブラ宮殿は広大で繊細ですばらしい世界遺産でした!!!


アルハンブラ宮殿の後はまたまたグラナダの街を散策。
白い街並みをたっぷり堪能しました。

DSC00468.jpg


DSC00469.jpg

壁の白と空の青さがグラナダの街の暑ささえも爽やかにしてしまう素敵な街並みでした!!!

DSC00472.jpg


途中、アラブの街並みを歩いているとアラビア文字を書いてくれるお兄さんに遭遇。
1ユーロだったので旅の思い出にAIKOと書いてもらうことに。


DSC00459.jpg


スペルを言って書いてくれて、「これがAでこれがIで・・・・右から左に読むんだよー」と教えてくれました。
最後に一緒に記念撮影!

DSC00463 - コピー

ありがとう!お兄さん!!

この紙がぐちゃぐちゃにならないようにホテルに戻ってからフィンランドのガイドブックに挟んでおきました。
フィンランドのガイドブックなら大きいからここに挟んだらキレイに持って帰れる!ヨカッタヨカッタ!!!と大満足し、この日の夜寝台列車に11時間乗り、バルセロナへ行きました。



グラナダを当初行こうかどうか迷っていた理由はただ一つ。


遠いから!!!




でも、夫がとぉーっても行きたそうだったのと、スペインに行ったことのある友達はみんな勧めるし・・・という具合でなんとなく行きましたが結果ほんっとに行ってよかった!

遠くても、暑くても、寝台列車が狭くて牢獄のようだったとしても、行く価値ありました!!!
(寝台列車は牢獄のようでしたが、旅してる感がハンパなかったので、これはこれで良い経験!)


ちなみにバルセロナから書いたブログで何度も会ってたファミリーも「行ってよかったわ~♡」と絶賛されていました!!
その後に見たサグラダ・ファミリアもアルハンブラ宮殿がすばらしすぎて感動が薄れてしまったほどです!!


そして、旅の思い出として書いてもらったアラビア文字のAIKO・・・・

大切にフィンランドのガイドブックに挟んでバルセロナまで運びました。
この調子で大切に日本に連れて帰る予定だったのですが、なんとバルセロナのホテルにフィンランドのガイドブックを置き忘れてチェックアウトしてしまうという痛すぎるミス・・・・・!!!!


(*´Д`)



つまり、私たちはフィンランドにガイドブックも持たずに入国することになりました・・・・笑


空港で気が付き日本人ぽい人に声をかけて、地図のページを写メ撮らせてもらい過ごすことになりました。

結果的にヘルシンキの街はとても小さく、どこに行っても英語が通じるのでガイドブックなしでも困らず過ごせたので助かりました・・・笑
にしても、アホすぎる・・・・。


今まで私が行った国の中で景観がすばらしく1番印象に残っているのはチェコのプラハなのですが、
(これはダントツ1位!)
でもグラナダも上位に食い込む印象深いすてきな街でした🎶


スポンサーサイト

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2014.07.30 (水)

今日のレッスンで中学3年生のSちゃんからたーーーーくさんプレゼントをいただきました。




カバンやクッション、ブランケットなどたくさん!!!


さらにシールやマスクやヘアアクセなんかも!!





福袋などなどに入っていたけど使ってないものだそうです。
これをレッスンに来られている小さい子達にあげてヽ(´・∀・`)ノと言ってくれました。


かわいいものばっかりでSちゃん使えばいいやん!!と言ったのですが、好みじゃないそうで、、、


なかなか難しいのね、、

でも中学生の頃って私もそうだったなー。。。

ということで、Sちゃんのお家にあっても使わないからといただきました♡


さあ、明日から来る生徒さん、お楽しみに!!!
Sちゃんからのプレゼント、もらえちゃうよー♡♡♡

みんなに喜んでもらえるように一人一つねヽ(´・∀・`)ノ♡

今度教室のイベントでSちゃんに会ったらお礼言っておいてね♡


Sちゃんのお家の近所にも小さな子がたくさんいると思うのに、こんなにたくさん生徒さんたちの為に持ってきてくれてありがとう(o'∀'o)




コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
さて、私がヨーロッパで遊んでいる間に、5年生のMちゃんがピアノフェスティバルの一次予選に通過されたことはここでも書きましたが、他に3名がコンクールに挑戦していました。

私が遊んでいる間にごめんね(>_<)
この間報告したMちゃん以外の3名はベーテンピアノコンクールに挑戦されていました。

3名とも人生初のコンクール!


まずは2年生のAくん。
このコンクールの課題曲コースに挑戦されました。
Aくんは、良い感性を持っているのでコンクールの要項が出た頃から勧めていたのですが、Aくん自身が受けるかどうか迷っていたようでしたが、申し込み締め切り日ぎりぎりに出る!と決断し、他の子たちよりも短い期間での挑戦となりました。
初めてのコンクールなのに聞けなかったのがとても残念でしたが、緊張してしまったのかな?!?!お母さんからミスタッチをしてしまったというご連絡。。。

短い課題曲だったので、あの曲でミスタッチすると通過は難しいかな・・・と心配していたのですが、なんとか銅賞で通過とLINEがきてホッと一安心。
Aくん、次は毎回のレッスンでもしっかりと演奏に集中し、落着いて合格できるようにがんばりましょう。
とりあえずは合格、おめでとう!


そして自由曲コースに挑戦したのが4年生の双子ちゃん。SちゃんとSちゃんです。
二人は真面目にレッスンに通われているので本当に順調に上達してくれていてとっても期待しているんです。
発表会では色違いのドレスで大きなリボンをつけての連弾、本当にかわいかった!!
去年から、「来年はコンクールに出てみたい!」とやる気満々で、コンクールに出るんだ!!という気持ちを1年間持ち続け頑張ってくれていました。
当初は課題曲コースで挑戦する予定でしたが、二人の上達ぶり、熱心な姿勢から自由曲コースで東京目指してみようか!!ということになり、初めてのコンクールながら、課題曲コースより難易度の上がる自由曲コースで挑戦。

二人ともが自分の曲に真摯に真正面から向き合ってよく頑張っている姿を見て、私も本当に本当に受かってほしい、受からせてあげたい!という気持ちでした。

最後のレッスンでは一人のSちゃんは緊張からかな??今まで安定して弾けていたのに、暗譜を忘れてしまい止まってしまうというアクシデントがあり、Sちゃん自身も、お母さんも私も「どうしよう・・・」と不安な空気になっていましたが、最後のレッスンからコンクールまでの間にきちんと持ち直し、二人ともいつものように平常心で演奏できたそうです。

結果、二人とも仲良く合格!!

予選通過してくれました!!

もう1回合格したら二人が目指している東京である全国大会に出場できます!
二人は大喜びで東京行く!!!とさらにやる気満々になってくれているそうです。




なんと、審査員の先生方の平均点も仲良く同点!!


これからもがんばりましょう♪♪

今回は指導者である私がコンクール会場に行けず本当に心苦しかった中、4名全員が合格という嬉しい結果を残してくれました!!
よくがんばったね!!
そして、まだベーテンピアノコンクールを控えている生徒さんが3名いらっしゃいます!

課題曲コースで受けるAくん。
自由曲コースで受けるMちゃん、Mちゃん!

ばんばりましょう!!

コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2014.07.27 (日)

無事、帰国しました!!


1週間ぶりの日本!

あっち~~~(´-﹏-`;)


すんごい湿気(~_~;)
心が折れる、、、
スペインも38度まで上がっていたけど、湿気のないヨーロッパは日影に入ると快適だっただけに余計に暑さが体にこたえる。。。


でも両親が迎えに来てくれていたので車で快適に無事家に着きました。

なぜか私たちが旅行中、飛行機事故が続いていたので、今回今までで1番乗るのが怖かった、、、。

さてさてフィンランド、のどかで静かで白夜でとても良い街だったことは事実ですが、物価が物価が物価が、、、、、



たかいっっっ!!!!!!



フィンランドといえばサーモン!
ということで、サーモン料理と、



こちらも有名らしい、ミートボール
(味はなし)



そしてサラダ!



スペインでは一切生野菜がなかったので美味しかった~❤︎

ということで、この3品とビール。
これでお値段、、、


1万円越えっっっd( 'Д' d)



たかっっっっ(((o(*゚▽゚*)o)))



その他にも350ミリのペットボトルのジュース、500円越えは当たり前(((o(*゚▽゚*)o)))


物価さえこんなに高くなければイイ街イイ国なのに!!!!

学費や医療費にお金がかからないとはいえ、、、高過ぎる。。。。


これ以上長くいたら破産するところでした、、、笑


日本に戻って母が作ってくれていたちらし寿司を食べてやっぱ日本食が最高!!涙


その後時差ボケでフラフラのため一旦お昼寝


目覚めてから夜ご飯どうするー?

となり、昼間ちらし寿司をお腹いっぱい食べたのに、またまた徒歩1分のスシローに行くことに!笑

いや、やっぱり日本食が最高。(2回目)


ちらし寿司を食べて夜にまた回転寿司に行く夫婦もなかなかいないでしょう。

それくらい、日本食が最高。(3回目)


しばらく日本食を食べ続けようと思います。

昼間寝たけど、時差対策のためまた就寝します。


しばらくピアノ弾いてなかったからピアノひきたーーーい!!!


明日は思いっきり弾くぞー










コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top

2014.07.26 (土)



憧れの北欧!
スペインとは違う楽しみだったフィンランドは想像通り素敵な街でした。


スペインと比べものにならない位の日本人の多さ!
やっぱり日本から1番近いヨーロッパだから?!?!それとも北欧人気?!





首都なのに、街は静かで穏やかで映画かもめ食堂そのままでした。





どちらの写真も夜の10時をまわってからの写真です。

フィンランドは本当に白夜だったぁーーー!!!


そして暗くなってからも芝生でおしゃべりしている人がたくさんいました。

長くて寒い冬を乗り越えて、きっと私たちより夏が大好きで短い夏を堪能してるんだろうなー。。。


そしてフィンランドで楽しみにしていたこと!

マリメッコ!




安く買えて、タックスフリーもでき大満足!

マリメッコには日本人がほとんどでした。。



ディスプレイかわいっ❤︎


食器も欲しかったけど、重さを考え断念。

ううぅー、、、悔しい。

大聖堂も見たし、これから帰国します!!




コメント(0) カテゴリ:Blog (Edit)page top
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.