Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

先週、授業で「カルピスソーダのオマケがほしいんだけど、どこにも売ってないの・・・(T_T)」と話したクラスの子が火曜日の授業でなんとなんと!!!!!

探して買ってきてくれました!!!
それも8体も!!!
ということで我が家にはシューベルトとモーツァルトが3体、それ以外の音楽家も2体あります!!!
生徒の優しさに感動しました・・・☆
しきりに感動していると、「先生オタクにしか見えへん・・・」と言われました

まぁ、いいさ・・・。


さて、前回の続き!!

今日はこの人から!!!


DSC04019.jpg



ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン!!!

1770年、ドイツに生まれたベートーヴェンさん。


ベートーヴェンには大好きな曲が本当にたくさんありますが、特に思い出深い曲は、ソナタ17番「テンペスト」の3楽章です。
小学校5年生の時に、買ってもらったベートーヴェンのCDの中に入っていたこの曲に出会い、鳥肌が立つほど感動したのをよく覚えています!
5年生のピアノの発表会でも「かなり難しいよ」と先生から言われたにもかかわらず、挑戦しました。
本当に大好きな曲でその後もいくつものコンクールにこの曲で出演した本当に思い出深い曲です。

5年生の時はシューマンのパピヨンと、ベートーヴェンのテンペストでそこらじゅうのコンクールをとにかく出まくってコンクール荒らしをしていました!!

ある時、学校で無性にこのテンペストが聴きたくなって、聴きたくなってどーーーしようもなくなり走って家に帰り「どうしたん?」と母に言われたら「テンペストが聴きたいから急いで帰ってきた」と言ってCDを聴いていたこともありました。

テクニック的に難しい部分も沢山あったのですが、好き!!もっとこう弾きたい!!という気持ちがうまくカバーしてくれて、ある時レッスンに行ったら私の前にレッスンをしていた大学生の人に先生が「この子のテンペスト聴いて帰りなさい、小学生のテンペストじゃないよ。」と言われたことがすごくうれしかった!!

知っている生徒さんも多いかと思いますが、ベートーヴェンは晩年耳が聴こえなくなります。
作曲家にとっては致命的なこと。
このテンペストが作曲されたのも聴力を失いかけていた時です。
人生に絶望して遺書まで書いたベートーヴェンの不安な心が見事に表現されています。

いつかだれかがこの曲を発表会で弾いて欲しいなぁ。。。☆




いつ聴いてもぞくぞくするほど好きな曲です!!

ということで今夜はベートーヴェンを聞きながらおやすみなさい♪
スポンサーサイト
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.