Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

2011.04.26 (火)

発表会レポートも⑩になりました・・・・

長い・・・・

続きです

連弾の後はゲスト演奏です♪
このゲスト演奏も毎回行っているのですが、
生徒のみなさんは普段なかなか他の楽器の音色を聴く機会って少ないと思います。

お金を払って演奏会に行けば容易に聴けるのですが、ピアノの演奏会に行ったとしても、他の楽器ってそう行かないとおもうんです

なので、この発表会の機会に他の楽器の音色も聴いて何かを感じてもらおう!
視野を広げてもらおう!という思いのもと毎回行っています。

今回はフルートと、声楽のお友達にお願いしました!
まずはフルート♪

・・・・と、フルートの事を書こうと思ったのですが、その前にこの2枚の写真見比べてみてください。

IMG_2877.jpg


DSC02922.jpg


色が全然違うと思いませんか???
上の写真がコンパクトデジカメでとった写真。
下が一眼で撮った写真・・・・。
色が全然違うのね・・・・・  やっぱ一眼スゴイ・・・。


ハイ、戻ります!!
そう、フルートのお友達にお願いしました!
曲目は、クラシックで、わかりやすい曲!
そして、フルートの音色を満喫できる曲!!!ということでお願いしました。

友達が「この曲は??」と言ってきた曲があったのですが、お願いしといて私が厚かましく却下したりして、今回の2曲に決まりました♪

ビゼーの【アルルの女】の「メヌエット」と、バッハの「バディネリ」です

アルルの女の方は聴いたことあった人も多かったはず!
テレビでもよく使われています♪
全然違うタイプの2曲をお願いしました♪
彼女は大学を卒業後3年間フランスへ留学していたのでフランス語がペラペーラです
羨ましい・・・・。

DSC02925.jpg

忙しい中、ステキな演奏をありがとう!!


続いては声楽のお友達
毎回男の人と、女の人に来てもらっていたのですが、今回は女声3部の編成で依頼しました!

曲目は「ふるさとの四季」です。

DSC02941.jpg

曲も私が指定でお願いし、快く引き受けてもらいました ありがとうありがとう
今まではオペラの1シーンを動きをつけてしてもらっていたのですが、今回はあえて日本語の曲です
「ふるさと」からはじまり、春の曲、夏の曲、秋の曲、冬の曲、そしてまたふるさとへと戻るメドレーなのですが、会場がすっごくのってくるのが伴奏をしていても感じられました!
「茶摘」の時の手拍子、どんどん大きくなっていって楽しかった~
(そして私も叩きたかった・・・

DSC02942.jpg

声楽家が3人集まると華やかですね
なんとこの3人の中に小楽6年生の子どもがいる人がいます!

さて誰でしょう・・・・
若いお母さんや~。。。

ゲストは4名ともそれぞれに活躍をされているのに今回本当に快く引き受けてくれました


発表会後みんなにお礼のメールを入れたら、

「こちらこそ、呼んでくれてありがとう
「演奏の場を与えてくれてありがとう

といううれしい言葉が返ってきました
もっともっと大きな舞台で演奏していたり、オーケストラをバックに演奏していたり、外国での国際コンクールで成績をあげているような子にもかかわらず、この発表会を成功させようという真摯に取り組んでくれる姿に心が熱くなりました。

私の大学の先生もレッスンに行く度に、
「何人生徒さんが増えようが、謙虚な気持ちを忘れたらおしまいです。自惚れたらアカンよ、有り難いという気持ちやよ。」と、言います。
そう、私の先生は大学教授にもかかわらず、謙虚の塊のようなお方です。。。
なのでその人間性に惚れたファンも多しなのです!!


そんな心のこもった音楽を聴いて涙が流れたという感想をくださった方が何名かおられました!
やはり日本の音楽、唱歌というものは心に響くのですね。。。

たくさんのお母様方から「ゲストすごかった、感動した、涙が出た」というメールをいただいたのですが、、、、


誰も私をよくがんばったというメールくれない~~~~(T_T)号泣

言わせてくださいっ!!
私、2部のみんなとの連弾から結構弾いてます。
フルートの伴奏も結構神経使いました。バッハ難しかったです。
そしてふるさとの四季!
これだけで12分30秒あります
結構がんばりました!!
歌を盛り上げる為にクレッシェンドとか結構してますよ?
曲想にあわせて音色も音量も変えましたよ?

なのに・・・・なのに・・・・・・

だれも褒めてくれない・・・・・(。_ _)シュン・・・



どなたか、私によく頑張ったの一言をくださいっ


とりあえず、私の伴奏は誰の心にも届かなかったようですが、(←しつこい)
ゲスト演奏はみなさんの心に届き、今回もまた好評でなによりです

私の伴奏は心に届かなかったようですが・・・・(←根に持つ女)



スポンサーサイト
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.