Piano Studio Aiko

* ピアノ スタジオ アイコ *

2010.11.02 (火)

前に、オススメの曲で、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を載せたところ、聴いてくれて気に入ったよ~!!と言ってくれた生徒さんが何人かいらっしゃったので、調子に乗ってまたまた私の好きな曲のごしょうかいっ

(ちなみに前回のはこちら☆


今回は、サンサーンス死の舞踏

これです



死の舞踏って名前はちょっと怖いけど、実はストーリーもちょっと怖いんです

まずこの曲の最初、ポーンポーン・・・と「レ」の音がなっているのですが、何回鳴るか数えてみてください。

・・・わかりましたか?
「レ」の音が12回演奏されます。

これは、夜中の12時を表す時計の音なんです。
12時になったとたん、死神がお墓に現れて、不気味にヴァイオリンを響かせます
そ死神の弾くヴァイオリンで死者が目覚めてガイコツが骨を鳴らして踊りだすんです

そう思って聞いてみると・・・・ほら、そんな雰囲気でしょ???

踊り狂うのですが、やがて朝がくるとガイコツたちはまたお墓に戻っていく・・・・というストーリーです。
ちなみに朝がきた合図はオーボエの音でコケコッコーって鳴るところがあるのですが、、、、わかりますか?
想像しながら聴いてみてください
(ヒント*コケコッコーは最後のほうだよ)


この曲、メロディーもわかりやすいし、ストーリーも見えてくるので大好きな曲です!
私はピアノとヴァイオリンとチェロでこの曲を演奏したことがあるのですが、ノリノリで弾きすぎて変やから!!!とよくつっこまれていました

でも弾いてたらのってくるんですよね~!!!
スケートでも使われていました!!



黒の衣装が曲にピッタリ
ちなみに、これ、何年か前に親知らずを抜いたとき、治療中この曲が流れていました。
私の中では歯医者さんのあの緊張感で流れるにはピッタリの曲・・・・・
実際抜かれているときは「嫌がらせかっ!!!!」と思いましたが。。。。。

というわけで、オススメの曲、今回はサンサーンスの死の舞踏でした

スポンサーサイト
Copyright © 2017 Piano Studio Aiko. all rights reserved.